島原城南チャレンジデーを開催しました

 

1030()20時〜21

島原城南道院にて「島原城南チャレンジデー」を開催しました

コロナ禍でいつものような行事や大会への参加が思うようにできない昨今、なにか「わくわく」するようなものが開催できればとの想いで計画したこの行事。内容・サブタイトルを拳士・保護者の皆さんから募り、それぞれ内容ごとの担当者を決めて準備を進めてきました。

特にダンスは中2Eさんがリーダーシップをとって進めてくれました。ちょうどハロウィンの時期なので「仮装して踊りたい」というのも彼女のアイディアです💡

いよいよ当日。

司会初挑戦の松元さんの司会でまず飯塚道院長の挨拶から始まりました。今回の行事の主旨と開催までの経過等を話され「レッツチャレンジとは人と競争することではなく、自分へのチャレンジです。そして、お互いに補い合い助け合うことによってお互いが信頼している人間関係を築いていこうということが根底にあります。思いっきり楽しんでレッツチャレンジ!」と挨拶をされました。

【しっぽとりゲーム】

まずはしっぽとりゲーム。2グループに分かれて2回戦行いました。1回戦目はしっぽをとられた時点でアウト、最終的に残った人が勝利というルール。2回戦目はしっぽをとられても補充して時間まで続け、とったしっぽが多い人が勝利というルール。大人達のおとなげない攻撃にもヒラリとかわす子ども達、みんな修練時にはなかなか見られないほど俊敏な動きで楽しんでいました。 

【発表】

次に発表。「夢」「ハマっているもの」のどちらかの発表をしました。それぞれ作った作品を見せてくれたり、好きな漫画を教えてくれたり、はまっているものを紹介してくれました。

みんなの前での発表は人によってはとても緊張したりたくさんの勇気が必要だったりしますが、毎日練習をしてチャレンジした拳士もいて、その頑張りを見ることができたり、以前は話すのが苦手だった拳士が立派に話をするなどそれぞれの成長が見れたり、いつも一緒に稽古している仲間の意外な一面を知ることができました。

 

【ダンス】

 最後にBTSPermission to Danceに合わせてお待ちかねのダンス。皆さん練習の成果もあり、楽しいダンスになりました。

仮装もマリオとルイジや、マイキーなど多彩な仮装。恥ずかしい年ごろの子もいたと思いますが頑張ってチャレンジしました。なんといってもkくんのノリノリのダンスがとても素晴らしかったです。

 最後佐々木保護者会長よりとても嬉しいご講評をいただきました。(添付のとおりです😊

 この行事をとおして、笑顔があふれ、何かしら心に残るものがあればいいなぁと願っていましたが、想像以上に笑顔のあふれる心に残るあたたかい行事になりました。みんなのチカラの賜物です💪✨

インスタグラムには動画もUPしているので見てくださいね👇👇👇

https://www.instagram.com/p/CV2r77qPn5p/?utm_medium=copy_link

 

 

いいね!>> いいね! 2人